planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜 HDエディション【全年齢向け】

2022年9月2日 0 Comments

不朽の名作『planetarian』が待望のHDリマスター化。1280×960ピクセルの画面サイズに対応し、さらにグラフィックをリファイン。装いも新たに、星に導かれた奇跡の物語をお楽しみください。「私は涙を流せません。ロボットですから……」降り止まない雨──30年前、突然の細菌攻撃により放棄された 『封印都市』今はただ、自律型の戦闘機械が支配する 無人の廃墟そこに彼はたどりついた疲れ果て、身を潜めたビルの中に その場所はあったプラネタリウム昔、満天の星々を眺め 人々が心を癒やした空間そこで彼を一人の少女が迎える少女の名は「ゆめみ」30年の間、訪れる人を待っていたプラネタリウム解説員彼女は、壊れかけのロボットだった──「ゆめみ」に乞われるまま今は動かない投影機を動かすために 彼は時を忘れて修理を続ける降り続く雨静かに流れていく「ゆめみ」と彼の日々遠い郷愁のような毎日が彼の心を揺り動かす人工の星空に、彼は何を想うのか?そして「ゆめみ」の運命は──?

Summer Pockets REFLECTION BLUE【全年齢向け】【萌えゲーアワード2020 主題歌賞 受賞】

2022年8月16日 0 Comments

主人公である鷹原羽依里(たかはら はいり)は、亡くなった祖母の遺品整理のために夏休みを利用して1人で鳥白島にやってきた。1日数本しかない連絡船を下りたとき、1人の少女と出会う。彼女は潮風に髪を遊ばせながら、遠くを…海とも空とも言えない境界線をただ眺めていた。気がつけば少女はどこかへ行ってしまい、羽依里は狐に摘まれた気分になりながら、祖母宅へ向かう。そこではすでに親戚の叔母がいて、遺品整理を行っていた。羽依里は、祖母の思い出の品の片付けを手伝いながら、初めて触れる「島の生活」に戸惑いつつも、順応していく。都会暮らしでは知ることの無かった自然とのふれ合い。忘れていた懐かしい何かを、思い出させてくれるような、そんな生活だった。海を見つめる少女と出会った。不思議な蝶を探す少女と出会った。思い出と海賊船を探す少女と出会った。静かな灯台で暮らす少女と出会った。島で新しい仲間が出来た――この夏休みが終わらなければいいのにと、そう思った。